芸能・エンタメ

【性加害トラブル】香川照之は何をした?銀座クラブ店はどこ?相手は誰?

2022年8月24日、俳優の香川照之さんが銀座のホステスに性加害を加えていたと報じられました。

そのことが原因で相手女性はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患いました。

香川照之さん側はこの事を「事実である」と認めています。

一体何があったのでしょうか?

詳細内容と相手女性の勤務していた銀座クラブ店はどこなのか、相手女性は誰なのかまとめました。

この記事でわかること

【性加害トラブル】香川照之は何をした?

【性加害トラブル】香川照之の銀座クラブ店はどこ?

【性加害トラブル】香川照之の相手女性は誰?

【性加害トラブル】香川照之は何をした?

香川照之 画像

トラブルが起きたのは3年前のこと。

2019年7月5日、香川照之さんは銀座クラブのホステスに対して

  • 胸を触る
  • キスをする

などの性加害に及び、相手女性はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患いました。

2020年5月、相手女性は香川照之さん本人ではなく、香川照之さんの暴走を止められなかったクラブママを訴えています。

今回の報道は、裁判記録と目撃証言を元に報じられたものです。

詳細内容を見ていきましょう。

2019年7月5日、香川照之さんは銀座8丁目の高級クラブで男性4人で飲んでいました。

お酒が回り、香川照之さんの行動は過激になっていったそうです。

ママの髪をなで回してヘアピンを外したり、ホステスのドレスに手を突っ込み、そのワキのニオイを嗅いだりと、

だんだん破廉恥な行為がエスカレートしていったとしている。

相手女性が途中から香川照之さんの隣に座ると、女性のブラジャーを剥ぎ取り、胸元に手を突っ込んで揉み始め、キスにまで及びました。

(香川が)ブラジャーを剥ぎ取った。

剥ぎ取られたブラジャーは、被告及び同行の客3名に次々と渡され、全員がその匂いを嗅ぎ、いろいろと卑猥なことを申し述べた

(訴訟内容より一部抜粋)

香川は原告にキスし、服の中に手を入れ、原告の乳房を直になでまわしたり揉んだりして弄んだ

(訴訟内容より一部抜粋)

その後ホステスは一旦席を離れ、ブラジャーを直してから香川照之さんの隣の席に戻りました。

香川に再びブラジャーを剥ぎ取られたというから悪質だ。

そして、香川の行動は他のテーブルの客からも知られることになったという。

このことが原因で、相手女性はPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患いました。

そして2020年5月、相手女性は香川照之さん本人ではなく、香川照之さんの暴走を止められなかったクラブママを訴えています。

しかし、2021年に訴訟はなぜか取り下げられました。

この報道を受け、香川照之さん側は25日に「事実である」とし、謝罪しています。

なお、相手女性と香川照之さん側はすでに和解しています。




スポンサーリンク

【性加害トラブル】香川照之の銀座クラブ店はどこ?

現在、現場となった銀座クラブ店について判明している情報は以下の通りです。

  • 銀座の高級クラブ
  • ママがオーナーを務めている
  • 個室がある
  • 銀座8丁目にある見番通りが濃厚?

検索すると十数件以上がヒットします。

現段階だけの情報だと、特定は難しいです。


スポンサーリンク

【性加害トラブル】香川照之の相手女性は誰?

香川照之さんが性加害をした相手ホステスはどのような女性なのでしょうか。

現段階では、顔画像や名前などは特定されていません。

報道によると、

  • 報道のあったクラブのホステス
  • 明るくて酔ったお客もあしらうのが上手

ということがわかっています。

銀座の高級クラブで働かれていたということで、かなり美人な方だったのではないでしょうか。

実は、現在の香川照之さんのお嫁さんも銀座のホステスで事実婚状態だと噂されています。

もちろん、今回とは全く関係ない方ですが。

永作博美 画像

現在のお嫁さんは永作博美似の美人の方のようです。

もしかすると、今回の相手女性の方も同じように美人な方かもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

香川照之さんのホステスに対する性加害について、詳細内容と相手女性の勤務していた銀座クラブ店はどこなのか、相手女性は誰なのかまとめました。

・香川照之さんは銀座クラブのホステスに対して、胸を触る、キスをする、などの性加害に及び、相手女性はPTSDを患いました。

・相手女性の勤務していた銀座クラブ店がどこなのかは不明です。

・相手女性は誰なのかは不明です。

今回の報道、ファンとしてはかなりショックですよね。

朝の情報番組『THE TIME,』で謝罪がありましたが、降板の話は出ませんでしたね。

香川照之さんの今後の動向に注目しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

error: Content is protected !!