時事ネタ

淀川のクジラの現在の場所は?どこから見える?混雑状況まとめ!

2023年1月9日、大阪の淀川河口付近で発見された体長約8mのクジラ。

種類はマッコウクジラとみられていて、一目でもいいから見てみたいですよね。

そこで今回は、淀川のクジラのいる場所や、どこから見えるのか、また混雑状況などをまとめました。

この記事でわかること

淀川のクジラの現在の場所は?

淀川のクジラはどこから見える?

混雑状況まとめ!

淀川のクジラの現在の場所は?

11日現在も、クジラは発見当初の場所からほぼ動いていません。

最初にクジラが見つかったのは、

大阪市西淀川区の阪神高速湾岸線中島パーキングエリアから南に約350メートルの淀川河口付近です。

発見から丸一日経った10日には、発見された位置から南西に約100m動いたことが確認されました。

前日にいた場所からほとんど動いていませんね。

5分間間隔くらいで潮を吹く様子が目撃されていますが、衰弱している可能性があるそうです。

淀川のクジラはどこで見ることができるのでしょうか。

淀川のクジラはどこから見える?

淀川のクジラはどこから見えるのでしょうか。

実際に淀川のクジラを見に行った人のTwitterなどから見える場所をまとめました。

  1. 中島パーキングエリア
  2. 中島PA展望テラス
  3. 矢倉緑地公園
  4. 梅田スカイビル

それでは、1つずつ見ていきましょう。

①中島パーキングエリア

中島パーキングエリアは淀川のクジラが見えると、いま話題のスポットになっています。

淀川のクジラがはっきりと見えますね。

潮を吹く姿も肉眼で確認することができます。

一番目撃情報が多いのも、この中島パーキングエリアです。


スポンサーリンク

②中島PA展望テラス

こちらも同じく中島パーキングエリアですが、展望テラスからも見ることができるようです。

遮るものが少なくなる分、見えやすいかもしれませんね。

お子さんと一緒の方は、足元に注意してあげてくださいね。

海の上にあるパーキングエリアなので、防寒対策はしっかりしましょう。

③矢倉緑地公園

写真の奥に阪神高速湾岸線が見えるので、おそらく矢倉緑地公園から撮影されているのだと思います。

こちらも視界がひらけていてクジラの様子が見えやすいですね。

ただ場所のハッシュタグなどがないため断定はできません。

スポンサーリンク

④梅田スカイビル

梅田スカイビルの公式アカウントが投稿していました。

しかし、クジラの姿は確認できませんね。

やはり遠すぎるのか、梅田スカイビルからは目視することができないようです。

梅田スカイビルの展望台は有料ですので、クジラ目的で行かれる際は見えないと思った方がよさそうですね。

混雑状況まとめ!

淀川のクジラが見えると話題の中島パーキングエリアは連休明けの平日でも混雑しているようです。

普段はそれほど人が多くないパーキングエリアなのですが、クジラ効果で人が集まり平日でも混雑しているようですね。

クジラ見物に行かれる方は、待ち時間を覚悟して行かれたほうがいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

淀川のクジラのいる場所や、どこから見えるのか、また混雑状況などをまとめました。

ここ数日で淀川のクジラに大きな動きはみえませんね。

今週いっぱいは

  • 中島パーキング
  • 矢倉緑地公園

などで見ることができそうですね。

この機会に、マッコウクジラを間近で観てはいかかでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

淀川のクジラが地震の予兆である理由は?今どこにいる?今後どうするの?
淀川のクジラが地震の予兆である理由は?今どこにいる?今後どうするの?2023年1月9日、大阪の淀川河口付近で迷いクジラが発見され、「南海トラフの予兆?」と不安な声が多数あがっていますね。 なぜ、クジ...
error: Content is protected !!