時事ネタ

【2022最新】5万円給付金の対象者を図解!住民税非課税世帯とは?

2022年9月9日、政府は住民税非課税世帯向けに、1世帯あたり現金5万円を給付することを決定しました。

「住民税非課税世帯」とはどんな人が対象になるのでしょうか。

今回は、5万円給付金の対象者を図解でわかりやすく解説しました。

この記事でわかること

【2022最新】5万円給付金の対象者を図解!

【図解】5万円給付金の申請方法

5万円給付金はいつ支給?

【2022最新】5万円給付金の対象者を図解!

5万円給付 画像政府は物価高騰対策として、住民税非課税世帯を対象に1世帯当たり5万円を給付することを決定しました。

給付金額は、電力、ガス、食料品などの価格高騰による影響を十分に上回る金額だと説明し、1世帯当たり5万円としています。

「住民税非課税世帯」なんて聞き慣れない言葉ですよね。

一体どんな人が対象になるのでしょうか。

【図解】住民税非課税世帯とは?

そもそも住民税は収入がある人に課税される税金ですが、一定の収入以下の人は住民税が非課税になります。

一方、世帯というのは、生計を一にしている人たちのことです。

ですが、一緒に生活している=同じ世帯、というワケではありません。

  • 単身赴任
  • 1人暮らしをしている学生

上記の場合も一緒に生活していた時と同じように1世帯というくくりになる場合もあります。

イメージでいうと下記の図のようになります。

1世帯

父親(世帯主)
母親
息子

ややこしいですが、同棲しているからといって1世帯というくくりになるとは限りません。

住民票上で、それぞれが世帯主になっている場合もあります。

つまり、1世帯全員が住民税非課税の条件に当てはまる場合、1世帯当たり5万円が給付されるのです。

世帯については市役所で確かめるのが一番正確ですね。

次に、住民税非課税となる条件を見ていきましょう。




スポンサーリンク

【図解】5万円給付金の対象者は?

住民税は、

  • 所得割
  • 均等割

以上の2つの合計金額です。

「所得割」:所得の額に応じて課せられる税金で、通常は10%の税率を掛けた金額です。

「均等割」:自治体ごとに一律の固定額が決まっており、金額はおおよそ5,000円です。

住民税非課税世帯とは、世帯の全員が住民税の「所得割」と「均等割」の両方が非課税である世帯です。

具体的にどういった人が対象になるのか、次にまとめました。

住民税が非課税の人というのは、下記の①の条件を満たし、なおかつ②~④いずれかの条件に当てはまる人のことです。

※均等割がいくらで非課税になるかは、自治体によって条件が異なります。

住民税非課税世帯になる条件

【所得割】

①年間の所得が35万円以下
※控除対象配偶者や扶養親族がいる人は、35万円×(扶養している人の数+1)+32万円以下

【均等割】

均等割がいくらで非課税になるかは、自治体によって条件が異なります。

東京23区を例にすると、②~④のいずれかに該当する人です。

②生活保護を受けている

③年間の所得額が35万円以下
控除対象配偶者や扶養親族がいる場合、35万円×(扶養している人の数+1)+21万円以下

④障害者、未成年、寡婦(夫)のどれかに該当する人で、所得125万円以下
給与所得のみなら年収204万4,000円未満

また、収入が年金受給の人のみに限られますが、以下の方も対象です。

住民税非課税世帯になる条件(年金受給している人)

年齢が65歳未満:前年の年金収入105万円以下
年齢が65歳以上:前年の年金収入155万円以下

自分が対象になるのかわからない方、不安な方は各自治体にお問い合わせください。

次に、給付金の申請方法について解説します。


スポンサーリンク

【図解】5万円給付金の申請方法

給付は、市区町村が対象の世帯を抽出してプッシュ型で行う予定です。

「プッシュ型」は簡単に言うと申請が不要ということです。

5万円給付金の申請方法

「プッシュ型」なので申請不要※例外あり

自治体から自宅に届く確認書に返信すれば、原則として世帯主名義の銀行口座に振り込むとしています。

ただし、2022年1月以降に収入が減少し、住民税の非課税相当の収入となった世帯も対象となりますが、給付を受けるには市区町村への申請が必要になるそうです。

スポンサーリンク

5万円給付金はいつ支給?

詳しい日程はまだ決まっていません。

政府によりますと、5万円給付は年内を予定しているとのことです。

詳しい日程がわかり次第追記します。

まとめ

5万円給付金の対象者をわかりやすく図解で解説してきました。

内閣府によりますと、給付の対象は1600万世帯程度を見込んでいるそうで、年内にも給付したいとしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

2022年最新】低所得者給付金5万円はいつ振り込みされる?非課税世帯対象
2022年最新】低所得者給付金5万円はいつ振り込みされる?非課税世帯対象2022年9月9日、政府は低所得者向けに、1世帯あたり現金5万円を給付することを決定しました。 対象は、住民税非課税世帯です。 ...
error: Content is protected !!